男性のライフスタイルへ浸透!【ブラジリアンワックス脱毛】

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
137 6 2

RSS

男性のライフスタイルへ浸透!【ブラジリアンワックス脱毛】

更新日: 2016-09-26メンズ脱毛について
男性のライフスタイルへ浸透!【ブラジリアンワックス脱毛】

◆ブラジリアンワックスとは?
ブラジリアンワックスとは、古代エジプトから取り入れられていたとされる伝統的な脱毛方法のひとつで、一般的にお肌への負担が少ない専用ワックスをデリケート部分に塗布し、それを勢いよくはがすことによって毛を毛根から抜き去る脱毛方法のことを言います。
基本的なワックス脱毛の際に用いられるワックス種類はソフトワックスとハードワックスに分類され、ソフトワックスは肌に柔らかなワックスを塗布した後、専用の不織布やペーパー、クロス等を使用しワックスをはがし脱毛する方法、また、ハードワックスはワックス自体が固形状に固まり、そのワックス自体を直接はがすことで脱毛する方法です。
ブラジリアンワックス脱毛に用いられるのは主に後者のハードワックスで、敏感な肌部分やデリケートな部位、粘膜等に使用する場合に適したワックスです。ただし、毛質や施術部位、毛の長さ等によってはソフトワックスと使い分け両用される場合もあるようです。サロンで施術を受けるのであれば、事前にワックスの種類や好みなどをしっかりすり合わせておくことが大切です。
それらワックスでの脱毛で大体の毛を脱毛し、産毛や短い毛で脱毛しづらい毛などは、毛抜き(ツイーザー)で最後に仕上げます。脱毛施術が一通り終われば、ワックス剤をきれいに取り除き、ローションなどで脱毛した部分のお肌を保湿して完了です。

永久脱毛性の高いレーザー脱毛では粘膜を傷つけてしまうため粘膜やデリケート部分への使用は叶いませんが、ワックス脱毛はデリケートゾーン(VIO)の粘膜部分にも対応可能な脱毛方法として知られており、デリケートゾーンやビキニラインのみならず、最近流行の鼻毛脱毛などにも対応可能で、全身に使用することが出来る脱毛方法として人気を博しています。
ワックス脱毛は毛根から処理できるため、剃毛後のようなチクチク感もなく、脱毛後は生えてくる毛のスピードが遅くなるため長期的な目で見てもお手入れのしやすい脱毛方法であると言えるでしょう。

◆男性でもいまや常識!VIO脱毛(ブラジリアンワックス脱毛)
話題の海外ドラマ「SEX AND THE CITY」(セックスアンドザシティ)の作中に登場したことで世界的に注目されるようになった脱毛方法、ブラジリアンワックス脱毛。
当初、日本にそれが普及したばかりの頃は、主に女性が行う脱毛方法の一環として捉えられる傾向が強かったように思います。
ムダ毛処理による清潔感UPあるいは、第一印象の向上、処理の簡易さなどから、男性の脱毛、いわゆるメンズ脱毛と呼ばれる男性専用脱毛が浸透してきた昨今。では、男性にとってブラジリアンワックス脱毛のあり方とはどんなものなのでしょうか。
実は、近年、男性の間でもブラジリアンワックス脱毛の人気が急上昇しているのです。
日本では過去、国民性なのかデリケートゾーンの脱毛は「恥ずかしい」といった概念が勝り、積極的にはデリケートゾーンの脱毛をする人が大変少ない時代がありました。
海外の脱毛事情に比べると、日本のそれは遅れているという事実はあったものの、そんな中女性は流行の波に乗り今やデリケートゾーンの脱毛も当たり前の時代に突入。それでも、男性へのブラジリアンワックスの浸透はそれよりはるか後になりました。
では男性の間でブラジリアンワックス脱毛が近年高まりつつある理由とは何か?
その大きな理由の1つは、海外のアスリートからの影響であると言われています。中でも、香川真司選手ら海外クラブに所属した日本人サッカー選手が海外クラブに所属してからアンダーヘアのお手入れをすることが当たり前になった、とテレビ番組で発言したことで、海外で活躍する日本人サッカー選手の人気にも後押しされ、徐々に日本人男性に浸透していった、という説が有力なようです。
海外アスリートはサウナやジム、スパなどを利用する頻度が比較的高く、デリケートゾーンの脱毛ケアをするのは常識といった認識下にあるようで、そういった海外の文化に感化された海外クラブチーム所属日本人アスリートたちが発端となり、VIO脱毛が身だしなみの一部として取り入れたそのスタイルを「ハイセンス」「オシャレ」であると感じた日本人がじわじわと増えていき、自身のライフスタイルに反映させていった結果なのではないかと思います。男性へのブラジリアンワックス人気を更に助長したのは、先にやってきた女性へのブラジリアンワックスの浸透ではないだろうか、という見解もあるようですが、スポーツ選手からモデル、芸能人と、皆がよく知る著名人が積極的に取り入れている方法であるとして、トレンドの一部として広まっているのかもしれませんね。

◆ブラジリアンワックスのメリット&デメリット
ブラジリアンワックス脱毛には良い面もあれば、その逆の面も持ち合わせています。目的・用途・好み、「何を重要視するのか」によって、それはあるときはメリットに、またあるときはデメリットへと変化します。
その一例を後述してみました。個人差もありますので、一例としてご覧下さい。

【メリット】
・一回の施術でキレイな仕上がり
・脱毛施術方法の中では最も安全性が高い
・かみそりの自己処理時に発生しやすい脱毛後のちくちく感がなくなる
・光脱毛やレーザー脱毛等では取り除けない細かな毛や産毛も脱毛可能
・光脱毛やレーザー脱毛が受けられない方も施術できる場合がある
・永久脱毛ではないため、毎回好みのデザインに出来る
・かみそり処理に比べ、毛が生えてくる周期が遅くなるので処理が楽になる
・使用するワックスによっては気軽に自己処理が可能
・ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛に比べ費用が安く済む
・機械使用等がないため、人体への影響がない
・蒸れたりしなくなるため、においもなく衛生的なデリケートゾーンが手に入る
・Tバック等、面積の小さめの下着も気にせず着用できる
・剥がすときに一緒に古い角質も除去されるためお肌がつるつるになる

【デメリット】
・脱毛した後肌がしばらくの間赤くなる
・毛根から引き抜く方法のため、施術後は保湿等で肌を労わる必要がある
・松ヤニ成分を含んだワックス剤の場合は人によってアレルギー反応が出ることがある
・ニードル脱毛やレーザー脱毛、光脱毛に比べ永久性がなく、一時的な脱毛処理になる
・毛を毛根から引き抜くため、瞬間的な痛みが伴う
・自己処理する際はある程度慣れないと、ワックスをはがす際に失敗することがある
・継続的なお手入れが必要
・ワックス脱毛をするために毛の長さが1センチは必要
・きちんとアフターケアをしないと埋もれ毛になりやすい

◆アフターケアが大切!
ブラジリアンワックスをした後、しっかりとアフターケアを施さずに放っておくと、通常まっすぐに生えるべき毛が皮膚下に毛がもぐりこんで生えてきてしまう、いわゆる埋もれ毛になってしまう恐れがあります。原因は色々と考えられますが、脱毛やお肌の乾燥によって皮膚表面の毛穴がふさがれてしまい、毛が皮膚下にもぐってしまうことが原因のひとつとして考えられています。
ブラジリアンワックスは角質も一緒に剥がされお肌は一見つるつるの状態ですが、毛根から脱毛するため、脱毛直後は毛穴が開いた状態になっており、この状態はひどく乾燥している状態です。そこで、保湿をしっかりとする必要があるのですが、乾燥に効くとされている油分の強いクリームや油性乳液等を塗ってしまうと、開ききった毛穴に油分が詰まりニキビが出来やすくなったり、炎症を起こしたりすることがありますので乾燥を防ぐのであれば水性の化粧水で対策するようにしましょう。下手に炎症を起こしてしまうと、デリケートゾーンは色素沈着しやすいため、ひどい場合黒ずんだ見た目になってしまうので、アフターケアは怠らないようにすることが大切。
サロンで施術をしてもらう場合には、自宅に帰ってからのセルフケアの仕方も出来る限り細かく聞いておいて損はありません。
毛膿炎や埋没毛にならないように、一週間に一度程度のスクラブでのマッサージをオススメしているサロンが多いようです。スクラブマッサージをする際には、出来るだけお肌が柔らかい状態(バスタイム等)に行うようにしましょう。

◆男性に人気の脱毛部位は?
基本的なアンダーゾーンのV・I・Oライン脱毛はセット施術を希望される方が多く、蒸れ防止やニオイ予防、デリケートゾーンまで行き届いたケアは、いまや男性の間でも常識になりつつあります。デリケートゾーンを衛生的に保ち、清潔感を継続出来ることに加え、ブラジリアンワックス脱毛を身だしなみやエチケットの一部として認識されている節もあるようです。
特に男性は、基本となるVIOラインの脱毛だけではなく、お尻の頬(お尻全体)の毛を気にされる方が多い傾向にあり、ブラジリアンワックスのついでにお尻の毛全体を脱毛する方が多いのだとか。
確かに、せっかくVIOラインがキレイに保たれていても、お尻自体がケアされていないのはもったいないですよね。セルフケアするには少し難易度が高い部位だと思うので、最初はサロンに通って、施術の方法や流れを熟知しコツを掴んでから、自宅で少しずつ自己処理を試してみても良いかもしれません。

いまや男性も脱毛をする時代。
上質な持ち物を持つことが素敵な身だしなみではなく、どこまで自身に気を遣えていて、周囲からの第一印象にどれだけ気を配れているか。自身の身体ひとつ、清潔感のあるものであろうとすることが、エチケットの一環であると捉えられる点に関して特に、一昔前では考えられなかった変化です。
脱毛をマナーとして捉えるか否か、考え方や感じ方はまさに千変万化、時代によって変化と進化を繰り返し、女性だけのもの、というイメージの強かった脱毛の在り方が男性のライフスタイルにも反映し始め、いまやメンズ脱毛専門店が続々と展開する時代となりました。
剛毛の方が男らしい、といった過去の強い男性像を望む声ももちろん存在しているでしょう。しかしながらそんな中で、確かに、確実に、「脱毛」事情は男性へと浸透し、またそれを良しとする世間の風潮がある事も確か。脱毛への価値観が時代と共に変わりつつあるのだと、実感する今日です。

東北エリア周辺メンズ脱毛・ヒゲ脱毛取扱店舗一覧はコチラ

筆者: コラム担当 井上